子供の身長を伸ばす睡眠

身長を伸ばす睡眠とは?小さなころからの質の高い睡眠は高身長には欠かせません!

 

子供の身長を伸ばすための重要な要因の一つが睡眠です。
昔からよく寝る子は育つといわれるほど、睡眠は身長の伸びに多く関係するものです。

 

また、成長期の期間は小さなころから質の高い睡眠を得ていることで伸びるため、早寝早起きの習慣を心がけて、睡眠の質を高めておくことが高身長のために欠かせないことなのです。

 

身長を伸ばす睡眠とは?

 

身長を伸ばすには、質の高い睡眠が必要です。
小学生なら10時間以上は眠るようにしてください。
中学生以上でも、8時間から9時間以上は寝ておきたいところです。

 

質の高い睡眠が得られていると、成長ホルモンの分泌が活発になってきます。
その状態で、栄養素が体内に十分にあって、程よい刺激が骨に加えられていると、骨の成長が促されて、身長の伸びにつながるのです。

 

また、質の高い睡眠は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を盛んにします。
メラトニンには、性ホルモンの働きを抑える効果があります。
性ホルモンの働きが抑えられると、思春期の到来が遅くなってくるのです。
思春期は、体が子供の体から大人の体へと変化する過程です。

 

骨の成長は、軟骨状の骨端線の存在が影響しています。
この骨端線が大人の骨になると閉じてなくなってしまい骨の成長が終わり身長の伸びが止まります。

 

そのため、身長を伸ばすには、睡眠がとても重要な役割を果たすことが理解できるのです。

 

欧米人と日本人の身長の違いは?

 

欧米人と日本人の身長の違いは、睡眠からきているといわれています。
どちらの国も、食糧事情は問題ありません。
子供たちの栄養面では、どちらも成長に問題のない範囲の栄養素が摂取できています。
しかし、オランダと日本を含ベルト、身長差が10センチ以上もあるのです。

 

この違いに大きな影響を与えられていると考えられるのが睡眠時間なのです。

 

小学生なら10時間以上は寝ないといけません。
しかし、日本人は、大人も子供も睡眠不足であり、子供も大人と同様にあまり寝ていないのです。

 

ある調査によると、10時間以上寝ている子供の割合は、欧米人の子供は日本人の子供よりも2から3倍多い。逆に8時間未満の睡眠時間の子供の割合は、日本人の子供は欧米人の子供の32倍。

 

寝る時間が少ない子供が多いのです。

 

習い事、学習塾、スマホ、パソコン、テレビゲームなどの誘惑が多いですが、子供の成長には睡眠は欠かせません。

 

十分に身長を伸ばすために、あなたがシッカリとサポートしてあげることが必要です。

 

質の高い睡眠を得るためには?

 

子供が質の高い睡眠を得るために、あなたができることは、寝る環境を整えることです。

 

子供は寝ている間に汗をコップ一杯分はかきます。その汗を寝間着や寝具がすべて吸収するため、吸湿性の良い寝間着や寝具は欠かせません。

 

寝間着はいつも洗濯して清潔にしておきましょう。
シーツも、定期的に洗ってキレイにしておきましょう。
布団も天気のいい日には天日干しにして快適な睡眠環境を作りましょう。

 

身長を伸ばすために重要なことは?

 

子供の身長を伸ばすために大切な要素は「栄養」「睡眠」「運動」です。

 

身長を伸ばす栄養素をシッカリ摂取し、質の高い睡眠で成長ホルモンの分泌を促し、運動で体の細胞分裂をしやすい状態を作り出すことで、骨が伸び、身長が伸びやすくなります。

 

そして、質の高い睡眠を継続できると、思春期の到来を遅らせることができるので、成長期の期間を延ばすことができるようになります。

 

そして、栄養、睡眠、運動、すべてをサポートできるのはあなただけです。
毎日の生活で、身長を伸ばす習慣を作れるように、一緒になって取り組んでみるようにしてください。

 

 

せのびのたねは効果ない?効果的に身長を伸ばす方法は?

 

 

おすすめサイト